カテゴリ:arch( 43 )
リュックは絶対禁止
e0070542_19344264.jpg昨日、研究室の友人に誘われてギャラ間の「日本の現代住宅1985~2005」の展示設営のバイトに行って参りました。この展示会の模型は日本中の大学生が丹誠込めて無料で制作。もちろんうちの学校でも作ってました。僕は早々にドロップアウトしましたけど。

作業内容は運搬中に破損した模型の修復や、精度に問題のある模型の手直し。
高いクオリティの模型が並ぶ中、タマにいるんです。緊張感の無いやつが。運搬中に緊張感が無くなかったのか、最初から無かったのか、定かじゃないけど、だらしない模型の手直しっていうのはたとえバイトでもついつい愚痴っぽくなる。

作業中ぼんやり考えていたのは、良い建築模型とは何ぞや?ってこと。単純に高い精度で、細部まで作り込んでいたら、即ち良い模型模型なんですかい?例えばある建築を正確に記述することを目的に模型をつくるのなら、わかる。けど僕ら学生にとって建築模型というのは表現の手段であって、意匠が美しく表現できているのなら、たとえ正確じゃなくても良い建築模型と言えると思う(まー、その場で求められるクオリティってのはあるかもしんないけど)。

今回のように設計者と模型制作者の距離が離れている場合、模型の善し悪しは、制作者がその空間にどれだけ惚れ込んだかがキーになると思う。たとえその惚れ込み方が設計者の意図とズレていたとしても、それが美しく表現できていれば、それは多角的視野を許容するおおらかさを持った建築ってことなのでは。あたりまえだけど、良い建築模型である前に良い建築であれ。

経済的な理由だとしても、学生に模型を作らせている以上、この展示の模型は現代住宅の正確なアーカイヴじゃなくて、タイムリーに現在の学生が行った現代住宅作品の空間の翻訳(ていうかトレース?)を集めた展示というちょっと違った見方も出来ると思う。主役は(見られているのは)設計者達じゃなくて、模型を作った学生達かもよ。

言っても僕は早々にドロップアウトした分際ですから。
ネタバレになるのでボカしますけど、1/30の模型の展示方法がなかなかデンジャラス。制作者たちは卒倒必須。
論文の参考にもなりそうだし、ちゃんと見に行こ。今月八日から。

#優しい重力/bonobos
[PR]
by atsushi_ohto1106 | 2005-12-06 00:00 | arch
夜中に現場
e0070542_22422747.jpg
タマに行ってる事務所から、突然のオファー。
家がちょっと近いという理由でこんな時間に現場の手伝い。
何時に帰れるんだろ…
[PR]
by atsushi_ohto1106 | 2005-11-02 22:42 | arch
卒制の魔物
っていうのがいるらしいです。
Y研のあんどうさんが言ってた。
時間が無くなるにつれて、
「スッゲーの作ってやろう」っていう意気込みが、
「スッゲーの作んなきゃ」っていうプレッシャーになって、
「コレちがう、コレじゃない」ってなかなか前に進まなくなって、
ついに魔物に食われると手が止まるらしい。

怖いよねー、ぼくも今、魔物に右耳ハグハグされてます。
[PR]
by atsushi_ohto1106 | 2005-09-25 22:50 | arch


Top
link

カテゴリ
arch
book
music
movie
photograph
或る日のポラ
travel
note

以前の記事
2009年 02月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧